5/4 朝食は朝ラー

2018.05.04
 
朝食は朝ラー 八幡平のお父さんとお母さんと息子と私
息子の嫁と6か月の孫は留守番でうちごはん

朝早くから並んで食べるのは大変だからと 並ぶ必要のない『喜一』に行くことにした
このお店は名簿に名前を書いて順番取り 息子は6時前に行って名前を書いてきた

「何番目だったっ?」 「13番目だったよ」
「ひとりの名前で複数名いるから 実質30番位かな」

我々は息子の車で 開店の7時に合わせて『喜一』に行った
息子は塩ラーメン 八幡平のお父さんは醤油ラーメン お母さんと私は赤魂(あかだま)

それぞれに喜多方ラーメンは『朝ラー』を楽しんだ

<混雑する店内>
DSC_04 (1)

<メニュー>
DSC_04 (2)

<八幡平のお父さんとお母さん 朝ラー初体験>
DSC_04 (3)

<朝ラーの有名店を回ってみた>
DSC_04 (5)

DSC_04 (6)

DSC_04 (7)

DSC_04 (8)

 
スポンサーサイト

3/29 喜多方ラーメン

2018.03.29

「お昼はどうする お土産はどうすんだぁ」
「ラーメン食べて買い物して帰る」

「じゃぁ 暫く行ってない『はせがわ』にでも行ってみっか」 ところが定休日
すると息子は「何て言ったっけな 去年お母さんと入って食べたお店 美味かったんだよぉ」

「もしかしてお前の学校の通りのコンビニの近く? 坂内で修業したとか」
「そうそうそう うめうめうめ・・・ 何だっけ思い出せね」

息子と入ったお店は『うめ八(うめや)』 私は初めて入る
頼んだラーメンは『ネギ醤油ラーメン』 息子はその大盛と餃子

imgp9253 (1)

imgp9253 (2)

imgp9253 (4)

imgp9253 (7)

imgp9253 (8)
 

 

シジミラーメン

2016.05.31

長男の結婚式に帰って来た静岡県に住む次男坊
休み多く貰ったからと 家に一泊して帰ると言った

「何で帰んだぁ 特に決めていないよ」
「じゃぁ お母さんも今日まで休みだし お昼はラーメンでも食べにいくが」

女房と子供たちは何度か入ったことのあるらしいが 私は初めて入った『塩川屋』
久々の喜多方ラーメンになった この店の売りは『シジミラーメン』とか

私が食べた塩ラーメン
DSC_0145-s.jpg

<女房が食べたのはわさび塩ラーメン>
DSC_0143-s_20160531181733683.jpg

<息子はセットメニュー>
DSC_0144-s_20160531181734a74.jpg

山塩ラーメンと熟成味噌ラーメン

2014.03.18

15日夜 息子が帰ってきた 卒業式・引っ越し・入社式と忙しくなるから
その前にタイヤ交換とおばあちゃんの顔を見て そして喜多方ラーメンを食べて帰ると

そして今日息子は 「お昼は喜多方ラーメン食べて 真っ直ぐ仙台に帰るから」って
「『喜一』って場所移ったんでしょ 『喜一』のラーメン食べて帰っちなぁ」

来客があり家を出たのが12:30 雨だし平日でもあるから混んでいないだろうと思った
道案内を兼ね 息子と二人希望したラーメン屋『喜一』に出向いた
 
店内は八割程度の混みようだった 店員がきてメニューの何割かは売り切れと言われた
その中で息子は塩ラーメンを注文した 私は味噌ラーメンを頼んだ

この店ではいつも息子は味噌ラーメンを食べるらしいが 今回は山塩ラーメンを選んだ
私はどこの食堂に行っても頑なに醤油ラーメンだが 熟成味噌ラーメンを注文してみた

息子は山塩ラーメンを絶賛した 私もそのスープを味見してみた 
姉妹店のしおやの山塩ラーメンと同じ味だと思った

私も塩にすれば良かったかな・・・

≪息子が注文した山塩ラーメン≫
DSC_0416.jpg

≪私が注文した熟成味噌ラーメン≫
DSC_0417_20140318230959a1c.jpg

ラーメンに満足し外に出たのは1:30 入口の暖簾は内側に掛けられ
外側には「本日分のラーメンは完売」の張り紙がしてあった

DSC_0418.jpg

車のハンドル握りエンジンキーを回す息子の横顔 山塩ラーメンに満足げに見えた
この次息子と会えるのは お盆かな・・・

絞めはやっぱり喜多方ラーメン

昨夜は小学校の同級会 場所は塩川町のアタミ食堂
仕事を終えて帰って来た女房に会場まで送ってもらった

会費は男子が3,500円 女子が3,000円
男子10人の女子5人 計15人の参加であった

参加者は殆どいつもの顔ぶれ
料理はまあそれなりの料理で 特段に目を見張る様な物はない

1382521435051.jpg

飲み物はビールと焼酎 そしてジュースとウーロン茶
「あれっ 〇〇君は酒だよなぁ 燗かよ冷かよぉ・・・」

「んだなぁ どっちでもなくって常温で貰うべぇ」

飲んで笑って語って あっという間に楽しい時間は過ぎて
絞めはやっぱり喜多方ラーメン 

DSC_1271.jpg

↑