喜多方市の人口 2007,07,31 up

2007,07,31

昨日 組長さんが「広報きたかた」とその他の配布物を持ってきた
広報の裏表紙最下段にある喜多方市の人口 2007年6月1日現在 のデーター


20070803190236.jpg

スポンサーサイト

鉄漿付蜻蛉(かねつけとんぼ)

2007,07,27  晴れ  鉄漿付蜻蛉=ハグロトンボ

庭の隅 年中じめじめしている

今年もまた糸トンボ(かねつ けとんぼ)に会うことができた

私が幼いころ この「かねつ けとんぼ」のことを「かねちょ」と呼んでいた様な気がする

私の一番好きなトンボだ

このブログの ID [ かねちょ]  も私の曖昧な記憶を元に付けた名前である

haguro.jpg                    gaguro4.jpg    

haguro3.jpg                    haguro2.jpg

haguro2.jpg                    haguro1.jpg

今日も一日雨

2007,07,23  雨

雨が止んだので外に出る

毎日の雨に心配なのは畑のことばかり・・・

庭先の花も 雨に打たれこうべを垂れている

梅雨明けはいつかな

20070727103013.jpg


肋骨にひび

2007,07,18  雨  肋骨にひびが入って

勤めている会社から許可を頂き 今日一日休ませて貰った
明日からは仕事にいけそうだ

07,16  21:30頃 台所で格闘技のテレビを見ていた高三の長男が 「何であんな技で動けないんだよ!!」

その言葉を聞き挟んだ私は 「あれは袈裟固と云ってな 簡単に返せないんだよ」

長男: 「フ~ン」
私  : 「どんな技だか教えてやるよ 返せるかどうかやってる見るか」
長男: 「よ~し これでも体力テストは学年1位だよ」

酒(3合半位入っていたかな)の勢いと柔道2段と云う自信から 調子に乗って技を教え始めた。

長男は思いのほか技と力があった 返されまいと歳を忘れて本気で脇を締めなおした
僅3分 右わき腹に痛みが走った(骨折かな?)

翌日、市内の整形外科で診て貰った レントゲン検査の結果は『ひび』
シップ薬を貼りバンドで固定 痛み止めを飲んで1日安静にしていた

翌々日 成り行きを知らない次男が 「なんて兄だよ 親の骨を折るなんて!!」 

歳を忘れた55歳 気持ちは若者だが結果は馬鹿者だな いやはや面目ない・・・ (^^ゞ
これからは体力の衰えを認識しなくちゃ そして飲酒時はおとなしく・・・

「治療中の飲酒は控えめに・・・」 との注意もよそに 今日も結構ほろ酔いだ

新潟県中越沖地震

2007,07,16 曇り  地震発生

午前10時頃 農協脇にあるコイン精米機で精米を始めて直ぐに地震にあった

「んっ 目眩か?」 精米機につかまりながら周りを見ると電線と軽トラックが左右に大きく揺れていた

大きい地震だ 揺れが止まないうちに精米が心配になった 
地震で精米機が自動停止しないかと・・・ 

まもなく地震がおさまると 停止することなく精米も終了(自動停止装置が無い?)
家が心配になりすぐさま引き返すと 子供たちが活躍していた

縁側と出入り口の戸を開け いざと云う時にはからだの不自由なお爺ちゃんを抱きかかえ飛び出す準備をしたと云う
子供曰く お爺ちゃんとお婆ちゃんは何とかなっても 大暴れしている金魚の水槽には手が付けられなかったとか・・・

お昼 ふと携帯を見るとメールが入っていた 東京のいとこが心配してくれていた

被災地の方々には心からお見舞い申し上げます

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////
上中越沖地震:気象庁は「新潟県中越沖地震」と命名
気象庁は16日、同日午前10時13分ごろに新潟県上中越沖で発生した地震について「平成19年(2007年)新潟県中越沖地震」と命名した。
毎日新聞 2007年7月16日 16時52分
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////
16101900384.png


畑の中で三日三晩過ごした携帯電話

2007,07,04  雨  

母: 「俺の携帯わがんねが~」(私の母は自分のことを”俺”と云う)

次男が母の携帯に電話をかけたところ 呼び出し音は鳴ると言う

私: 「どこで無くしたの・・・」
母: 「畑の草むしりにしか出かけていないから・・・ 畑で落としたかな~」
私: 「捜してはみたの?」
母: 「うん!」

翌日になって再度電話をしてみた
今度は・・・「こちらはソフトバンクです お呼び出しの電話は電波の届かない場所にあるか電源が入っていないために掛かりません」 だって!!

私: 「一晩でバッテリーが切れるはずないし 一晩雨だったし 壊れたなっ!!」
母: 「・・・」

翌々日

母: 「やっぱ 携帯無いと不便だな~」
私: 「・・・」

かくして 私の母は 二代目の携帯電話を手にしたのである

母の新携帯電話
プリペイド携帯電話購入 auショップ喜多方 
本体A1406PT簡単ケータイ 3,700円  充電器900円 消費税230円 合計4,830円
プリペイドカード10,000円 (一年分 一ヶ月の電話料834円 基本料金不要)
http://www.au.kddi.com/seihin/prepaid/senyo/index.html
http://www.au.kddi.com/seihin/kinobetsu/seihin/a1406pt/index.html

今度は落とさないようにと 長女がネックストラップを取り付けてくれた
母は早速 新しい携帯を身に付け また畑の草むしリに出掛けて行った

母: 「めっけてきた~」 

畑の中から落とした携帯を見つけてきた様である

壊れた携帯電話
雨に打たれながら畑の中で三日三晩過ごした携帯

直るかも知れないと思いソフトバンクショップに電話をして聞いてみたが 修理代25,000円と聞いて諦める事にした

↑