到来物

坂下町勝方の叔母夫婦が焼香に来た

初収穫で不揃いだからと云って持ってきてくれた アスパラガス
「仏様にあげでくんつぇ」・・・

叔母ちゃん ありがとう \(~o~)/

アスパラ
アスパラガス6kg 単二乾電池と同サイズ?

スポンサーサイト

小学生による資源回収

昨夜から降り続いている雨 けさも止まず 今日は小学生による資源回収

雨の中 雨合羽に身を包んだ小学生と保護者 1軒1軒回りながら 皆一所懸命に回収していた

我が家からの資源物は
ビール瓶3ケース 酒瓶3ケース 新聞紙4梱包 ダンボール4束 雑誌3束
(雨にぬれない様に 軒端に分散して置いたので写真には収めなかった)

20904260810.jpg       20904260811.jpg
雨の中ご苦労様です

えっ ツバメ?

えっ ツバメ?

信号待ちで止まっていると ツバメらしき(飛翔体)?

もう渡って来たんだ~ 

ツバメ?

[広告] アクセス解析

12,828円消滅

やってしまった~~~ 通話料12,828円消滅 (-_-;)

次男: おばあちゃん 電話貸してー
おばあちゃん: あー 使えー
次男: ・・・・ (-.-)
おばあちゃん: どうした~
次男: 使えね~よ

母から「壊れたのか?」と云われ ハッとした!!  やってしまった

有効期限を5日も過ぎていた 携帯に残っていた残高12,828円は消滅した

母の使っているプリペイド携帯 有効期限が迫っていたのは10日前から分かっていた
が・・・ 忙しさも手伝って期限内のプリペイドの追加をすっかり忘れてしまった

諦め切れないままコンビニに出向き 3,000円のプリペイドカードを購入
有効期限はこの日から2ヶ月

次は忘れないようにしよう!!

MA320181.jpg       MA320180.jpg
母のプリペイド携帯電話A1406PT           ぷりペイドカード3,000
       

日中線自転車歩行者道 枝垂桜風景

集落の八幡神社のソメイヨシノは桜吹雪

午後3時 1時間ほど余裕ができたので 車に自転車を積んで喜多方市へ

一度は歩いてみたいと思った 日中線自転車歩行者道

枝垂桜はもう散ってしまったのだろうか・・・ 

おばあさんが独り 桜吹雪の中にたたずんでいた

日中線自転車歩行者道 枝垂桜風景

[広告] アクセス解析

喜多方市内の桜並木

喜多方市内の桜並木 体育館の西側の道路である

今日走ってみて 改めて思った

長いな~

喜多方市内の桜並木

[広告] アクセス解析

砂利敷き人足

4/12 晴 砂利敷き人足 8:30~ 

赤星営農改善組合と赤星環境保全会の共同事業である
農作業が本格化する前に 傷んだ農道の修繕と農道周辺の景観保全を行った
作業は機械力が主であるが 細かいところはスコップオペレーターが担当する

誰かが:「お~い アゲハがいるぞ~」
誰かが:「うっそこげ~ はっから出るはずねーべーッ」

その誰かが見つけた 一匹のアゲハチョウ
畦の草むらに潜んでいた 羽化したばかりなのか? 動きが鈍い

注:我が集落で云う「人足」とは共同事業への肉体的労力の提供を意味する

collageアゲハ       200902 122

200902 124       200902 126

200902 129       200902 127

200902 131       200902 132







忌中と喪中

次男は今日から学校が始まった
自転車で通学するため 昨日とは打って変わって早起きだ

私: 「オイッ 何組になったんだ・・・ 担任の名前は?・・・」
次男: 「アレッ・・・ 何組だっけ 3組・・・ 4組・・・ ??? 担任は今日分かる・・・」
私: 「オイオイオイッ・・・ 大丈夫かよ・・・ 3年生だぞ~ 」
次男: 「・・・ンッ」
私: 「ギター・ネットゲームばかり・・・ 正念場だぞ~ 大丈夫かっ・・・」
次男: 「・・・ン 分かってるよ・・・」

次男: 「ところでさ~ お爺ちゃんの喪中っていつまでっ あれっ 忌中つうんだっけ?」
私: 「喪中は1年間だよ 一周忌が終わるまでだ 忌中は49日法要まで」
私: 「49日法要まではギターは慎みなさい」
次男: 「指 なまるんだよな~ 」

私は何も云わなかったが 春休み中息子は 自ら仲間からの誘いを断っていたらしい
息子は息子なりに 喪に服しているようだ

今日は「清明」

今日は「清明」
清明(せいめい)は 二十四節気の1つで4月5日頃 及びこの日から穀雨(こくう)4月20日迄の期間とか
暦便覧には「万物発して清浄明潔なれば 此芽は何の草としれるなり」と記されている

4月の第一日曜日 今日は我が集落の農休日でもある
農休日は 農家のお嫁さん達が公に休める様に我が集落が独自に決める休日である
昔(私が若かった頃)は 農休日の一切の管理運営は青年団が行っていた
青年団が消滅してからは その管理運営は行政区に引き継がれ現在に至っている

行政区では この農休日を利用し区内の環境整備を 早朝より実施している
この環境整備は 区・赤星環境保全会との共同作業である
私は今夜から 20日ぶりに仕事に復帰する予定のため この環境整備作業は妻に代わって貰った

午前中は仕事復帰への準備 そして夜勤の準備の仕上げに睡眠薬代わりの米のエキスを少々・・・

赤星集落年間休日表
2009048.jpg

三七日(みなぬか)

父が旅立って 今日で三七日(みなぬか)
初七日から 七日目ごとに行う3回目の法要のこと 死後21日目(3×7)にあたる忌日である
昨夜は村親戚が集まり 三回目の歌詠み(ご詠歌)を行った

葬儀に関する支払いもほぼ終え 落着きを取り戻してきた
仕事場には未だ一度も行っていない (自分の仕事はあるんだろうか (・・?) 心配だ
ブログも一ヶ月以上更新していない 暫くぶりに あちこち覗いてみた

ご近所でベテランブロガーの「エンピロのネタ箱」を久々にお尋ねした
なんと ブログにはエンピロさんのお母様も旅立たれたと・・・
この場を借り お悔やみ申し上げたい
そしてまたエンピロさんは ブログの席でも <親族代表謝辞(喪主挨拶)>を載せており 配慮の深さに感銘した

私の場合は 覗いてくれる人は少ないと思うが 彼の真似をし喪主の挨拶を載せることにした

<喪主・挨拶>

本日は 父の告別式のためにご参列賜りまして まことにありがとうございます

父は今年の一月二十六日に喜多方市内の病院に入院しました
酒を飲まなくなって一週間目のことでした いつもなら絶対に病院には行かないと言い張る頑固者ですが 今度ばかりは違っていました 病院に行くからと云っても何一つ言葉は返ってきませんでした
それどころか病院に行く当日は自ら新しいパジャマに着替えたくらいです
病名は 脳梗塞後遺症・うっ血性心不全・急性肺炎・心房細動 流石の頑固者も四つの病には勝てなかったようでございます

大酒呑みで 頑固で 手に負えない我が侭親爺でしたが 若い頃から文学をこよなく愛しいそしんできました とりわけ短歌には熱い情熱を注いできました その短歌も ある時期を境にハタと詠まなくなりました 十年前 脳梗塞で倒れそれ以来のことです しかし近年少しですが歌を詠むようになりました 孫たちの叱咤激励があったからだと思います
傍らのノートには 再生の歌と題されていました
1ページ目の初めの一首に 「歌を詠む気力戻りて我は今 喜び無限天に感謝す」と 記されてありました 

我が侭に生きながらも 多くの方々のご厚情に支えられてきた父が その全ての方々に対して残した感謝の言葉ではなかったのかと思っております
父はこの感謝の言葉を残し 自分の人生に満足して旅立って往きました
これも偏に 父をご支援くださいました皆様方のお陰と思っております この場をお借りし御礼申し上げます (ありがとうございました)

今後とも父の生前同様 ご厚誼賜りますようお願い申し上げ挨拶と致します

↑