喜多方ラーメン(すがい食堂)

今日は母の定期検診
私の休みに合わせて検診日を決めています

会津の空は稲刈り日和 あちこちでコンバインのエンジン音が軽やかに響いています
農から離れた私ですが やっぱり気になる秋の空 今日もいい日で良かった~

薬局から出てきた母を車に乗せると 国道121号線に向けハンドルを切りました
行先は国道沿いの「すがい食堂」 「まつり亭」の向かいにある食堂です

病院に出かける前に決めていました 「すずすくなったからラーメンでも食うが」って母が
「家に一番近いどごでなっ」って言うもんですから 入ったことのない「すがい食堂」にしました

食堂に入ったのは11時半ごろ 食べ終えて帰るころになるとほぼ満席状態になっていました
私はしょう油ラーメン 母は味噌ラーメンを注文しました 可も不可もない味というところでしょうか

85歳の母の口からは何の評価の言葉も発せられなかったですねぇ
ただ一言「腹くっつうっ 年寄りには多いなぁ ちいと残してもいいがぁ・・・」って

DSC_2290.jpg
私が注文したしょう油ラーメン

DSC_2288.jpg
母が注文した味噌ラーメン 母の方がボリューム有り 味噌はどこもそうですけどねぇ

DSC_2285.jpg       DSC_2287.jpg

スポンサーサイト

エンピ(円匙)

母:「ちょっと裏の畑に行ってくっから」
私:「何しに・・・」
母:「ほどげ様に 長芋でもあげっぺど思ってな・・・」
私:「ほんじゃ 俺いってくんべぇ 一本でいいのなぁ」

私:「ばあさぁ~ん エンピはどごさあんの」
母:「小屋の入口さ置いておいたぁ」

お彼岸ですからねぇ 仏様のごちそうに長芋を少し掘ってきました
家の裏手の畑ですからろくな作物は採れませんが 家で食べるには充分です

何十年も百姓やってきて何も思わないで使ってきたエンピ
それは長芋や牛蒡などの 根菜を掘るときの必需品です

百姓をやめて2年目 ふと思いました エンピって何っ? 
今更何言ってんのって言われそうですが調べてみました 
(ほんとに今更です 笑われそうです)

デジタル大辞泉の解説によると
えん‐し 〔ヱン‐〕 【円×匙】
小型のシャベル。 ◆「えんぴ」は誤読。


ウィキメディアでは
旧陸軍ではシャベルを円匙と呼称した。この語の正確な読みは「えんし」であるが、いつの頃からか「えんぴ」という読みが使用されるようになった。この用法はそのまま自衛隊に引き継がれており「円ピ」と呼んでいる。もともとシャベルを円匙と表記するのは日本語に固執した旧陸軍くらいだったので(しかし旧海軍に於いても設営隊等では「円匙」と呼ばれる事は多々あった)、正しい読みが使用される機会は少なく、現在では特に軍事関係に詳しい人々や登山者を中心に多くの人がエンピの読みを使用している。


エンピはシャベルだったのですね
亡き父が拘っていました 「エンピは矢羽根じゃねぇどだめだ」なんてね

えんぴ       長いも
写真をクリックすると大きくなります

秋の全国交通安全運動

秋の全国交通安全運動が始っています
期間は平成23年9月21日(水)~9月30日(金)までの10日間です

学校でも職場でも地域でも 日本国中です
けさ10時 女房が出かけて行きました

ロックタウン塩川町で母の会が行う交通安全キャンペーンのためです
交通安全のパンフレット2枚と野菜の種とステッカーを配り 交通安全を訴えてきたそうです

運動の基本は「子どもと高齢者の交通事故防止」
そしてスローガンは「早めのライトに反射材」です

最近流行っているそうですね ブレーキの無い自転車
事故を自ら招いているようなものですよ 危険です

9月30日は「交通事故死ゼロを目指す日」とパンフレットに記されていました
我々車を運転する者へのキーワードは「上下にライトを切り替えて早く危険を見つけよう」


女房が持ち帰ったパンフレットと野菜の種とステッカーです

ミョウガの花

「ミョウガ第2弾」私のブログ仲間エンピロ氏の記事です
旨そうなレシピを載せていました

私も酒のつまみを作ろうかと思いミョウガをかき分けてみました
何と花盛りです

「あっ こりゃだめだわ」「まっ 写真だけでも撮っておくべぇ」
てな感じで手を伸ばすこともなく諦めました

IMGP2119.jpg

IMGP2118.jpg

追記
ブログ仲間のエンピロ氏のコメントがありました
「花が咲いても、実が硬ければ全く問題ありません。」とのこと
明日もう一度覗いてみようかな 

カウントダウンタイマー変更

あれっ カウントダウンタイマーが表示されない・・・
いつから表示されなくなったのか分からないが 今気が付いた

一応プラグインソフトウェアの中身は覗いては見たものの
・・・わかるはずもない!!(当たり前だろって誰かに言われそう)

でもねっ 分からないなりにも思ったんですよっ プログラムじゃないなって
サービスの提供が終わったのかな~って

何れにしても記事にしたんですからねぇ そのままにはしておけませんよね
急きょ別のブログパーツを探しました

一番簡単そうなカウントダウンタイマーを見つけ付け替えました
それは株式会社デジタルレイが運用する無料サービのスカウントダウンメーカーです

「定年まで後何日」をカウントダウンする新しいタイマーです
イメージが少し変わったけど まっ いいでしょう

三人で外食

女房と私と母 三人で食事をしてきました
今日九月十八日は 28回目の結婚記念日なんです

この日は夜勤なんですが休暇をいただきました
結婚記念日を理由に休暇をとれるのはこれが最後ですからねぇ
(来年の今頃は定年という長い休みに入っているでしょうから)

女房に言われましたよ
「どうしたの 何かあったのっ 初めてじゃねっ」ってね

「結婚記念日だし 明日は敬老の日だべぇ みんなで食事でもすっかと思ってな」

はじめは懐石料理でも食べようかと喜多方市内の瑞兆というお店に行ったのですが
入口の戸に「本日は予約のみ」という張り紙がしてありました

私:「あらららっ 予約のみだってよっ」「すがだね寿司屋にでもいぐがぁ」
妻:「ばあちゃんはまるやまが好きなだよ」「そごだど寿司も食えるし」

お店はどこでも良かったんですよ
「どうせ行ぐなら 行ったごどねぇ瑞兆で懐石料理でも食ってみっかぁ」
ってなくらいの乗りだったのでね

結局 女房の運転でまるやまに行きました まだ5時半頃でしたが満席に近い状態でした
我々の後から入ってきたお客さんたちは かわいそうに待ち席で待つ破目になったようです

DSC_2236.jpg       DSC_2242.jpg
女房と母は「満ぷく御膳」を注文 刺身定食ってとこでしょうか

DSC_2239.jpg       DSC_2244.jpg
私はお酒とつまみ 
母は「もう食わんに」と言ってるのに 女房はエビフライと何かを注文していました

芋名月

2011.09.13

昨夜は十五夜でした
仕事へ出かける前にカメラを構えてみました

中秋の名月は会津の空の雲の合間にいました
カメラを家へ戻し 車に乗り込むとお月様は雲の中でした

妻:「団子買ってきた~」
私:「何でぇ」
妻:「今日は十五夜だがらぁ」
母:「そうがぁ 今日はおめげっつぁまが」「芋名月だわっけ」

そんな会話を後にし 仕事場に向けハンドルを切った

MA322484.jpg

名月

社員資格喪失まであと何日

2011.09.06

定年まで残り349日を数えました
そうなんです 349日後には社員資格が無くなるんです

「面談をしたいのですが都合の付く時間帯はいつごろでしょうか」
先日 上司からこのように話しかけられてきました

私の都合の良い時間帯を伝えると・・・
「分かりました じゃその時刻に第3応接室に来て下さい」

面談は定年の予告でした 雑談を交え十数分で終わりました

社員資格を喪失(定年)する日までは今日から数えて349日です
カウントダウンタイマーを付けてみました 後何日・・・

DSC_2227.jpg

茗荷(みょうが)

2011.09.01


けさの食卓に載った一品は刻んだ茗荷にかつお節
小どんぶりに一つ 

私:「スーパーの茗荷がよ 食わねっていいよ・・・」
母:「何言ってんだ 家のめえ(前)の茗荷だぁ」

私:「出たんだぁ いづもより遅ぐね」
母:「雨 少ねがったがらなぁ」

私はてっきり 女房の買い置きの茗荷かと思ってしまった
温かいご飯に採りたての刻んだ茗荷は「おかず なあ~んもいらねぇなぁ」

母が言う様に今年は雨が少なかったせいか(局地的にはあったけど)
茗荷の出が遅いような気がする

改めて蚊の大軍を押しのけ 晩酌用に数個収穫してみた
今度はビールにきざんだ茗荷 これまた大人の味が合うんですよねぇ

ビールが 酒がすすみます

IMGP2095.jpg

IMGP2091.jpg       IMGP2085.jpg

家の前の庭の隅の茗荷              蚊と格闘しながら茗荷を撮影

IMGP2092.jpg       IMGP2094.jpg
採りがけの茗荷です               冷蔵庫の中のスーパーの茗荷と・・・

※写真上でクリックすると全ての写真が大きく見れますよ

二百十日

2011.09.01

今日は二百十日 雑節の一つで立春から数えて210日目 9月1日ごろと言われています
また台風の時期で二百二十日は農家の厄日とされ 我が集落では昨夜「厄除けと豊作」を祈願する「おこもり」を行いました
「おこもり」とはほんらい祈願のため社寺に「こもる」ことですが 実際には「こもる」ことはせず 祈願の後にお神酒を頂き2~3時間の飲み食いで終わります

この「おこもり」は近隣の集落も我が集落も年中行事の一つに挙げられていますが この時だけは一献持ち寄りと言って少し形態が異なります
参加者は自分の食べる一品と箸・コップを持参します お神酒・酒・ビール等の飲み物だけは主催者である区元で準備します 

昨夜早速この「おこもり」準備を始めようとした矢先に突然の雨に見舞われました
我が集落の「おこもり」は八幡神社境内に御座を敷きテーブルを並べて行うため雨が降ってはできませんから「おこもり」場所を急遽公民館に変更し実施しました

天気予報では大型で強い台風12号が接近している様です 被害の出ないことを祈りたいですね

参考:デジタル大辞泉の解説.

いっ‐こん 【一献】

1 1杯の酒。また、酒を酌んで飲むこと。「―傾ける」
2 酒の振る舞い。酒盛り。
3 一度目の酒肴(しゅこう)。
4 室町時代以後の酒宴の礼法で、吸い物や肴(さかな)の膳(ぜん)に杯・銚子(ちょうし)を添えて客に出し、酒を3杯すすめること。→献(こん)


雑節       台風12号
国立天文台のHPより抜粋           Yahoo天気予報より

↑