そば会

2012.01.29
赤星集落恒例の『そば会』が実施された
行政区の役員は朝8時半に集まり段取りの確認

9時 協力をお願いした各種団体の面々と区役員の奥方たち
そしてメインの 自称『そば打ち名人』達が集まってスタンバイ

この日は生憎の地吹雪荒れる最悪の環境であった
特に公民館の玄関先で行なっていた『そば茹で』担当は悪戦苦闘

そんな中『公民館のスピーカー』から『チャイム』が響いた
そば会開始の案内の放送であった

11時半 定刻通りそば会開始
生憎の天候のため出足はまばらであったが 間もなく館内はにぎやかになった

主催者は老若男女で会場を埋め尽くそうと思っていたようだが
残念ながら年老いた方々の参加は少なかった 
(天気さえ良ければねぇ・・・)

DSC00208.jpg

DSC00154.jpg

DSC00184.jpg

DSC00198.jpg

スポンサーサイト

やっぱり気になるか?

「私は福島のホウレンソウ食べるからね!」と言い続けていた娘
その娘だが『赤ちゃん』が授かると 言い回しが微妙に変わってきた

ある日の電話での会話

娘:「会津の野菜は大丈夫なんだよね?」
私:「ああぁ 風評被害はあるが全然問題ねえぇよ」

私:「何・・・? 心配なのか?」
娘:「んっ ん~っ 大丈夫だと分かってはいるんだけどねっ」
娘:「でも心配しないで 実家に帰って赤ちゃん産むから・・・」

そして先日 娘からまた電話があった
「会津大の近くの産院にお産の予約を入れておいたから・・・」

里帰り出産は決まったが 安心しているのか否かをはっきり口にはしない娘
やっぱり放射線量に関する心配は 払拭できていないなと見てとれた

何とか心から安心できる様な環境で 里帰り出産を迎えさせたい

おめでた

昨年の暮れ 4月に嫁いだ娘から電話があった
娘:「赤ちゃんできたぁ 5週目だって 写真送るけど未だ点だよ」

私:「ほんとに! それはそれはおめでとう!」
私:「ところで向こうのお父さんとお母さんには言ったの?」

娘:「未だ言ってない たぶん旦那さんが言うと思う・・・」
娘:「あぁそうそう ブログには絶対書かないでよぉ~!!」

嬉しさにはやる心は 「書くな」と娘から釘を刺されトーンダウン

そして楽しみに待っていた正月 残念ながら娘の里帰りはなかった
予想以上につわりがひどく帰れないから 正月は嫁ぎ先で迎えるという

そして先日 娘はツイッターでつぶやいていた
> 11週目。エコーで見たら赤ちゃんが踊ってたwwかわいい。 だって

なんだよぉ ブログに書くなって言っておきながら・・・

初孫誕生予定は8月中旬前半とのこと 同じ辰年 16日生まれなら私と同じ
何かワクワクドキドキ嬉しくなってきた 今年のお盆は忙しくなるなぁ

ついついもう1本 ビールの栓を抜いていた

5週目       7週目
初孫5週目                      初孫7週目

9週目       11週目
初孫9週目                      初孫11週目

喜多方ラーメン(大安食堂)

今日は85歳になる母の定期健診
いつものようにいつもの時間にいつもの病院へ

病院の混みようによって左右されるが 
大概は11:00~11:30には薬局から母は出てくる

そしていつもなら「今日はどごさいぐべ・・・」と言う会話から始まるが
今日は初めから 行き先の食堂は決めていた

先日 ブログ仲間の「メイの家」さんが記事にしていた
『大安食堂 in ラーメン博物館』と題した記事である

「メイの家」さんは会津出身らしく 喜多方ラーメンの文字に魅かれたらしい
そして何と 「並んでまでは食べたくない主義」を変え45分も並んだという

ならば私としても一度は 『大安食堂』のラーメンを味わってみなくては話にならない
と言うことで 母の了解のもとその『大安食堂』にハンドルを切った

場所は前から知っていたが入るのは初めて 何と母はその存在はもとより名前すら知らなかった
食堂は建屋の2階にあり 母には辛い階段であった

食堂に入るや否や「いや~ この階段は としょりにはつれえなぁ~」と言った
するとおかみさんが「そうだなし 1階だどいいだげんじょなし」とストーブに火を点けながら応えた

テーブルに座る前に言った「しょう油2っつなぁ」

母がぼつっといった「わるぐねえげんじょ ちーとしょっぺなぁ」

DSC_2949.jpg
背油いらねぇな

DSC_2944.jpg       DSC_2945.jpg
私:「え~っ 食券買うのぉ?」       おかみさん:「いやっ いいですよ~」

DSC_2947.jpg       DSC_2951.jpg

届いた商品が違うよ

お正月に衝動買いしてしまったミラーレス一眼カメラ
付いてきたバッテリーは充電してあったが100%ではなかった様な気がした

当然カメラの操作を覚えようと何でもかんでも被写体にし「カシャカシャ」
3日後 「当然ですよねぇ バッテリー切れを起こすのは」

さて充電 充電の目安は250分と説明書には書いてあった
「え~ 今日は使えねのかぁ」

娘が置いて行ったデジタル一眼レフは単三電池4本で作動する
だから充電という作業はいらなかった 乾電池を交換するだけで済んだから

バッテリーが切れたから使えない・・・ では「カメラを持った意味がないよね」
だからもう一つバッテリーが欲しい(当然の欲求)と思った

「幾らするんだろう」 調べてみると純正品は何と7,500円 (高~っ)
「ふふふっ」「あるんだよね必ず 同等品とかいって安く売っている他メーカー品が」

直ぐに見つけました 購入先は良く利用するネットショップ
【SONY】ソニー NP-FW50 対応互換バッテリー NEX-3/NEX5 1100mAh"¥ 1,230

「3~4日経ちましたかねぇ」郵便ポストにメール便が入っていました
「おぉ 来た~」封筒の封を切ると型式も確認せずにカメラへ挿入・・・

「んっ 入んねぇ・・・」改めて納品書に目を通した 「注文品だ 間違いねぇな」
バッテリーが入っていた小袋の表示とバッテリー裏面の表示には PSP対応バッテリーとあった

「中身違うじゃん」 即ネットショップの 『出品者に連絡する』欄からその旨を通知した
2日後の郵便ポストにメール便が入っていた 
その封筒には『メール速達サービス』のシールが貼ってあった

今度は間違いなく『ソニー NP-FW50 対応互換バッテリー』が入っていた
同封された便箋には
『間違えたバッテリーは返品の必要はありません そちらで破棄ください』とあった

「間違いはだれにでもありますよ」
だからと言って不満はありません 対応の早さに満足しています

評価は『☆5つです』
当然です 商品(同等品)より売り手側の対応の評価ですよ

DSC00070.jpg
納品書と現物が違っている

連絡

喜多方ラーメン(来夢・会津若松駅前店)

けさは冷えました 今季一番の寒さでした
仕事は休みでしたが 所用で会津若松市まで出かけました

用事はお昼までには済ますことができました
「どうしようかな・・・ 家に帰ってご飯を食べようか・・・」

「いやいや 久々に一人で街に出たんだから 外で食べよう」と決め
国道に出たらファミレスにでも入ろうと思い車を走らせました

会津若松駅前を抜けると正面に「喜多方ラーメン」の看板が目に入りました
入るつもりはなかったが何故か空の駐車場に車を止めていました

喜多方の「来夢」に入ったのは十数年前
会津若松のお店の「来夢」は初めてです

頼んだのは醤油ラーメン ・・・514円
チャーシューは一寸固め まぁ普通の喜多方ラーメンってとこでしょうか

私が食べ終わって帰る頃 ガラガラであった駐車場は満車になっていました

DSC_2908.jpg

DSC_2907.jpg

けさは冷えたねぇ

朝5時 台所に立った
何とコップの水は氷が張り 布巾も凍っていた

水道の蛇口を開けると「ががががっ どどどどっ ジャ~」
水道は途中まで凍っていたが 完全に凍る前に蛇口を開けたので大事に至らなかった

「今何度?」そんなことなど思うことなく 台所のストーブに火を入れ
居間のストーブにも火を入れ新聞を取りに外へ出た「お~っ 冷えてる~」

コタツに入りインスタントコーヒーを淹れ 新聞に一通り目を通す
そしていつものようにテレビを見ながらメールチェック

「え~ こんなに下がった(気温-12℃)んだ~」
喜多方市の気温をネットで見て改めて思った「今季一番下がったじゃねぇ」

実際の気温は何度だろう 外に出て車のスイッチを入れてみた
車載温度計は-10℃を表示した(7時)

DSC00049 (1)

DSC00050 (1)
庭の草木です

kion12.jpg

桧原ワカサギ

2012.01.08

喜多方市の成人の日の午後 旧友より電話があった
「ワカサギ食べますか?・・・ 風評被害がありましして・・・」

「ええっ 嬉しいねぇ 食べるよ・・・」
奇しくも前回頂いたワカサギ 成人を迎えたこの息子の大学合格祝いの日であった

何の因果であろうか 彼から頂くワカサギはいつも祝いの時である
またしても息子の祝い日成人の日に届いた「尾頭付き」(笑)

「その時の写真あるの? あったら送ってくれないかぁ」
私の経験のない ワカサギ釣りの雰囲気を感じたくてそう彼にメールした

翌日「撮ってあります」と言って彼は数枚添付ファイルで送ってくれた
そして後日 リクエストにはないですけれどと言って「しぶき氷」の写真も送ってきた

これまた私の興味をそそる写真であった

IMG_1455.jpg       IMG_1480.jpg
桧原のワカサギ釣り

IMG_1336.jpg       IMG_1360.jpg
猪苗代湖の しぶき氷

※画像をクリックすと大きくなります

成人式

2012.01.09

昨日成人式を終えた息子(二男)は午前の高速バスで帰るというから
私は夜勤明けだが 10時半発の仙台行きバスに間に合うように会津若松市まで送って行った

私:「準備はできてんのがぁっ んっ 何だぁ目ぇ真赤だなぁ」
母:「帰って来たの 朝5時だぞぉ 孫帰ってこねがらなぁ すんぺ(心配)でよぉ・・・」

私:「さすけねえのがぁ バスに揺らっち帰られんのがぁ・・・」
息子:「さすけねえぇ すんぺ(心配)すっこどねえがら・・・」

喜多方市の成人式は8日 息子が帰ってきたのは3日前
息子は成人式に参加し その後は喜多方市内の割烹で同級会を行ったという

息子は朝帰りをしたが 仲間達と旧交を温め有意義であったと満足していた
が この息子の成人式は私の落ち度の中での参加であった

息子は成人式に参加し 成人の証は貰ったがその名簿には名前が載っていないのである
それは私の落ち度であったことに他ならない

長男の時も同じであった・・・ 学習できないまま今回をも迎えてしまった
後からまた分かったのだが 広報には住民票を移した者には案内状は出さないとあった

こんな父親でも息子は お土産を買って持ってきてくれた
「飲んでみっせ シーバスとは違うげんじょ・・・」

アルバイトをしているとはいえ なけなしの金をはたいて買ってきた酒である
どんな酒であろうと不味いはずがない 

成人式
11月の広報に載った記事(見逃していました)

DSC_2888.jpg
息子のお土産 ウイスキー「余市」

カメラ 衝動買い

アルバイトで年末には帰れないから・・・
そう言っていた長男が3日の夜に帰って来た

既に出来上がっている私を無視し
「はい お土産」と言って 小さな袋を女房と母に渡していた

「何食う・・・」女房より先に母が声を掛けた
息子は「んっ 先ずビールだべっ」

そして翌日の4日
お昼近くに起きてきた息子「家は暇だなぁ・・・」

私:「お父さんなぁ 今年になって未だどごさも出でねえだぁ」「どっかさ行ってみっかぁ」
息子:「どごさぁ・・・」

気の進まなそうな息子を誘い 近くの家電量販店に冷やかしに行くことにした
行ったら行ったで それなりに息子は楽しんでいた

携帯電話・テレビ・パソコンコーナーを回ってカメラコーナーへ・・・
「何れは手にしてみたい・・・」と思っていたカメラに目がいった

私:「え~っ 何っこの値段・・・」(NEX-5K 34,800円 展示品)
買うのは安くなってから あと半年後位先かなぁ と思っていた

値段を見て急に欲しくなって 近くのお姉さんを呼んで言った
「これキズ有りって書いてあるよね?」「この半端削ってくれない そしたら買うから」

お姉さんは何度も電卓を叩きなおしてから応えた「そうですねぇ お客さんの言い値で・・・」
私:「ほんとっ?! 買う!! 買うよ!!・・・」(34,800円→30,000円に値引き)

値段が下がって下がって半年後には考えようとかな思っていたカメラである
いきなりのプライスダウンに衝動買いをしてしまった

車の中で
私:「怒られっから お母さんには内緒だぞ・・・」
息子:「無理無理!! お父さん直ぐに顔に出るし・・・」

DSC_2880.jpg
(NEX-5K 34,800円 展示品 → 30,000円でゲット)

DSC_2881.jpg

グラフ
当日の同カメラの価格推移 参考

※写真の上でクリックすると大きくななります

正月の花

平成二四年 壬辰 元日も暮れました
元朝から飲んで飲んでまた飲んで 一寸疲れました

昨年は最悪の年でしたからね
今年はいい年にしたいものです 年男ですからねぇ

居間に飾られた正月の花を見ながら・・・ また飲みましたよぉ
どういう訳か 南天の実に目を引かれましてねぇ

南天の実がこんなに身近に感じたことありません
「難を転じて福となす」と言われますから

南天の実を写真に収めました
是非 国難を排してくれるよう念じながら撮りました

IMGP2389.jpg

IMGP2387.jpg

↑