もう一つのお土産 

「何だこれっ 粗末にすられっかまぁ・・・」 と母
ビニル袋に入った「起き上がり小法師」 居間の隅っこに置いてあった

先日 女房が病院の帰りに買って来たと言うお土産はテーブルの上に上がっていた
それ以外にもあったようだ 部屋の片隅にあった

「起き上がり小法師」・「ミズキの枝」・飾り付け用の「ふなせんべえ」
(団子さしやるつもりで買って来ておいたんだべなぁ)

「しゃーねぇなぁ 俺がやっかぁ・・・」
そう思って腰を上げたところへ女房が帰って来た

私: 「何だ早ぇな」
妻: 「うんっ 団子さしやんなんねがらぁ」

私: 「おめぇなぁ 神棚に上げる起き上がり小法師 畳の上さおがれっか 粗末になる」
妻: 「ごめん ごめん」と言いながらカバンの中からもう一つ 「これ私作ったの・・・」

女房はカバンから取り出した「起き上がり小法師」一個
オープン当日の「八重の桜ドラマ館」で作って来たという

夕食を済ませると女房は団子さしを始めた
「孫娘に見せんなんねがら 写真撮ってよ」 って

早速写真に撮りLINE(ライン)で送ってやった
因みに孫娘は未だ生後5ヶ月だ

※ぼろ屋でも賑やかになるんだねぇ (^.^)
DSC_0048.jpg

※おかしくねっ 私・お前・長男・次男・母・娘・娘婿・孫・?IMGP0359_R.jpg

スポンサーサイト

お昼はお米の麺 

「ごはんだよ~」

「は~い」
「何だぁ ソバがぁ」

「ん~ん 桜めんだよぉ 昨日買ってきたお土産の麺だよ」
「二人前の麺を三つに分けたから 足りなかったらご飯食べっせよ」

女房は昨日『大河ドラマ館』(オープン当日)に独りで行って来た
そこのお土産に買ってきたのは「さくらもなか」と「会津の桜めん」そして「八重のマスコット」

「会津の桜めん」は”かけ”でも”ざる”でもおいしく食べられると袋には書いてあった
「会津産こしひかり100%」で作った米粉麺は 一寸太目だがつるつるしておいしかった



2時間前まで泳いでいたんです 

「ピンポーン・・・」
「はーい」

「おー 何だぁ 寄れぇ・・・」
「いやいやぁ 寄ってねぇしっ」

「これっ 2時間前まで泳いでいたんだし・・・」
「何っ ワカサギ?」

高校卒業後 青年活動で友達になった彼
近年付き合いは遠のいたが こと有る毎に電話かメールで連絡をよこす彼

今日は突然に訪ねて来た 桧原ワカサギを持って
何の取り柄も無い私の様な者を いつも気に止めてくれている彼には頭が下がる

女房が帰って来たら料理して貰うよ
酒の肴 気持ちのこもった物は最高の一品だよ

「ありがとう」
「○谷さん」

今度飲もうよ !!

IMGP0341_R.jpg

氷点下8度の空に浮かぶバルーン 

けさは特段に冷え込んだ
7時時点のマイカーの車載温度計は氷点下11度を表示していた

昨夜はけさの冷え込みを予想して台所の水道を少し出して寝た
案の定水道は凍る一歩手前であったが 周りの水しぶきが凍っただけで助かった

外の天気は予報に反しいい天気だ 様子を見てみようと外に出てみた
北の方の空から「ゴーッ ゴーッ」と言う大きな音が聞こえて来た

晴れ渡った青空を見上げると バルーンが一機遠くに見えた
直ぐに家に戻ってカメラを持ち出し車に乗った

凍てついたフロントガラスに解氷剤をスプレーし 車をバルーンの見える方向に走らせた
午前十時半になっても 車載温度計は氷点下8度を表示していた

氷点下8度の会津の空に バルーンが二機浮かんでいた

 <堂島小学校の上空に一機 背景の飯豊連峰は霞んで見えない>
DSC02081_R.jpg

 <第六集落方向にもう一機>


世界一重い木 

職業訓練校に入って3ヶ月が過ぎた
訓練は「住宅リフォーム技術」

砥石の砥ぎ方から始まり ノミ・カンナの刃を研いだ
墨付けや刻み方を勉強しながら3ヶ月 取り敢えず一軒の家の完成を見た

そして今年 3ヶ月間のおさらいの座学が始まった
建築構造・木材・理解度テスト・・・

「座学はダメだぁ 目頭が重たくて・・・」 私だけでは無かった
周りの仲間の目は皆うつろに見えた 大胆に寝ている者もいた

そんな折り 材木の講義があり
数種類のサンプル材が次々と回覧された

「何っ? 世界一重い木・・・?」
「何て云う木?・・・」

聞いたことのない木の名前だ
樹種名:リグナムバイタ 気乾比重:1.20~1.30 世界一重い木材なそうだ

「へ~っ これが世界一重い木かぁ・・・」
この時だけはばっちりと目が開いた

この木は乾燥した状態で水に沈むんだぁ・・・

キャプチャr



IMGP0320_R.jpg

祝い 62歳 

2013.01.09

Facebook にこんなつぶやきがあった
一緒に職業訓練をしている我が娘と同年代の女性のつぶやきである

コメありがとございます♪喜びますかねぇ…。
なんかいちいち文句言われてるから…(笑)

f1.jpg

女性は同じく職業訓練を受けている最年長の男性との会話もつぶやいていた
思わず笑ってしまう愉快な会話だ

女性と最年長者は普段からざっくばらんな会話を楽しんでいる?仲だ
周りの訓練性もその雰囲気に知らずと引きずられ 融け込んでいく

私:「Facebookの一部をブログに乗っけていいかい?
女:「いいよ・・・」

許可を貰ってそのつぶやきの一部を転載

-○○ あゅみ-

昨日のお話。

あっ、もぅ一昨日だ。(笑)

とあるトコでお知り合いになった3浦さん(一応伏せ字)と言うオジサマとの会話。

3浦さん『俺だんだん誕生日だからー(´Д`)』

「ん?何日ですか?」

3『明後日だぁ。(9日)』

「明後日ですか(笑)おめでとです( ´△`)」

3『おめはめごくねーおなごだなー(´Д`)』

「なんでだょ(*`Д´)ノ!!!」

3『普通はなんかあっぺー(´Д`)』

「ケーキとか?(笑)」

3『んだな♪』

…。

「メンドイ。」

3『あー、めごくねー(´Д`)』

「…。(*`Д´)」

3『俺は普通のケーキよりバタークリームのケーキが好きだぁ(´Д`)』

「バタークリーム?パンとかのやつ?」

3『んだんだ。あれが好きだぁ(´Д`)』

「…。時代を感じますねぇ。」

と言うワケで…

ふんっ(*`Д´)

作ってなんかやら…

なくもない。

ググルカス。

はいっ(*・ω・)ノ

なになに~。

あ、簡単やん( ´艸`)

ん?無塩バターだと?

うちにはナイやん( ´△`)

てなワケでお買いもの♪

ちっ( ´△`)

そしてイチゴまで買ってしまったぜ。

ちっ( ´△`)

3浦のおじいちゃんには勿体無いぜ。

あぁ、案外美味そうだ( ´△`)

文句言わないで食べてくれるといいな。

本日9日、62歳らしいです。

おめでと。

ちゃんと持ってくから待っててなぁ( ´△`)

てなワケで…

寝るっ(*・ω・)ノ


若い女性は 最年長の男性にバースディケーキを作って持ってきた
そのほかにも沢山のカップケーキを作って持ってきて みんなに配っていた

勿論ローソクも立てみんなで62歳を祝った
お誕生日おめでとうございます

優しい「あゅみ」さん お裾分けご馳走様でした
残り3ヶ月 みんなで楽しく勉強しようね (^.^)

IMGP0330_R.jpg
 本人の許可を貰ってそのまま載せています

IMGP0328_R.jpg     IMGP0323_R.jpg

IMGP0331_R.jpg     IMGP0324_R.jpg

冬の晴れ間 

母の差し歯が突然折れ 歯科医院に行ったのが昨年の暮れ
緊急で直して貰い 正月はこれで大丈夫だよなぁ って

え~っ 何っ 今度は隣りの歯・・・
これまた緊急で処置して貰った

最終の治療は年明けの4~5日の朝一を予約
1/5朝一 治療は全て終わった

母曰く:「あ~ これでまんまんまぐ食えるぅ」 って
会津の空は暫く振りにいい天気だった


 <雄国山の頂は雲に隠れていた>
DSC02069_R.jpg

<暫く振りに田んぼ道を走ってみた>
DSC02077_R.jpg

<飯豊山も雲に隠れていた>
DSC02072_R.jpg

※ 写真をクリックすると拡大します

紙の本 

昨年の暮れ 電子書籍リーダーを衝動買いした
同時に電子書籍 「八重の桜」(一)を買って読んだ

「八重の桜」(一)は直ぐに読んでしまい (二)を注文しようとしたが見当たらない
電子本も紙の本も見当たらない (正月の内に読んで終おうと思ったのに・・・)

仕方ない他の本を探そう と言うより何を読みたいんだよ君は・・・
読みたい本? 八重の桜はTVドラマになるからって勢いで読んだしなぁ

ほんと 何を読みたいんだろう・・・
ふっと思った 

若いころ 名前だけを知って知ったかぶりをしていた
知らない部分はあとで勉強しようと思いながらそのままになっていた

そう 仏都会津の祖『徳一』 どんな本があるんだろうか・・・
「○○ゾン」で色々と探してみた

電子書籍は先ず見当たらなかったし読みたいと思っていた紙の本も無かった
これ読んでみようかと思ったのは中古本にあった 勿論○○ゾン経由で12/28に注文した

その中古本は『徳一と最澄』 空海・最澄・そして徳一 違う違う・・・
徳一そして最澄・空海ですよぉ

『徳一と最澄』の中古本 正月三が日明けの営業日発送とのメールが入った
届いたのは発送予定日(年明け)から推し量るより遥かに早い12/30に届いた

電子書籍リーダーを購入し 電子書籍『八重の桜』(一)を購入して
当然二冊目も電子書籍でと思ったが 儘ならなかった

これからは電子書籍と思ったのにねぇ・・・
私の読みたい本は未だ電子書籍には対応していなかった 

結局 電子本は諦め紙の中古本を購入することになった
紙の中古本『徳一と最澄』 今日1/5読了

IMGP0282_R.jpg

| HOME |

calendar

S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
12« 2013/01 »02

プロフィール

かねちょ(yuki)

Author:かねちょ(yuki)
マイブログへようこそ!
先祖代々繋いできた農業 200​9年1月離農

そして今 辰年生まれの年金暮らし・・・ 

日常の生活の一部を切り取り 日記風に不定期に書き込んでいます

サブブログ「思いつきの切り取り」も宜しく

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


神戸だより 改め 松戸だより

青い鳥はここにいたよ!!

LEVEL1 FX-BLOG

季節のたより ~八ヶ岳南麓・農の里~

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

PageTop▲