一粒万倍日 

実るほど頭を垂れる稲穂かな  ん~っ  もう少しだね
もう少し頭を垂れて 黄金色になるまでもう少し

いよいよ 実りの秋がやって来る 
今日の暦に書いてあった「一粒万倍日」 因みに今日は大安吉日

吉日と重なったら「一粒万倍日」の効果が倍増するとか
事を起こすには良き日という 私は今日何もやっていない

でも借金をしたり人から物を借りたりすと苦労の種が万倍になるとか
あ~ もったいない日を何もしないで流してしまった

次月の「一粒万倍日」は9/9だ

IMGP1537.jpg

IMGP1539.jpg

スポンサーサイト

初売電は12,236円 

我が家の太陽光発電所で発電した電気の初売りは
8/1~8/19までの19日間で12,236円の売り上げになった 

以前から よその家の屋根に上がっているソーラーパネルを見てはいいなあと思っていた
が 我が家にソーラーパネルを上げようなどとは露程も思っていなかった

築80年のボロ屋の茅葺屋根を覆っていたトタンも 50年が過ぎボロボロになっていた
昨年の夏 台風が来る前にボロ屋根を葺き替えようと知り合いを通じ板金業者にお願いした

しかしその板金業者は 仕事が立て込んでおり来年の春まで待ってくれと逆にお願いされた
風が吹くたびボロ屋根はバハバハと音を立て波打ち 3月の大風でその屋根は無残に剝された

すぐさま 建物共済の担当者と応急修理が必要なため予てよりお願いしていた板金業者を呼んだ
我が家の屋根は相当痛んでいた 垂木から野地板まで全て張替えが必要だと言われた

4月下旬 念願の屋根の葺き替えが終わる頃 建物共済の保障が見積もり通り保障された
屋根の葺き替え資金は前もって準備しておいたが それと同額の共済金が保障されたのだ

今まで羨望の眼差しで見つめていたソーラーパネル 目の前にぶら下がって見えた
共済金を元手にソーラーパネルを上げられる そう思ったら矢も楯もたまらずネットで見積もり依頼

数日後 ある元受会社から電話連絡があり ネット見積もりの件でお話ししたいので伺いたいと
約束した日時ぴったりに その太陽光発電システムの元受会社の担当者は我が家を訪ねてきた

そして担当者は「申し訳ございませんがご希望のメーカーのパネルは載せられないと断られました」
続けて「弊社は商社ですから他のメーカーも取り扱っています」と言って提案書を数冊出してきた

「そんなにいっぱい提案書だとか見積書だとか出さっちもな 俺はどれがいいのか判断できねぇ」
「おめえどご信じて率直に聞ぐげどなぁ 総合的に判断しておめえだったらどの提案書を選ぶだ」

担当者は 10年という長い目でメリット・デメリットを勘案して1冊の提案書を選んだ
私はその提案書をパラパラっとめくり 精査することなく返事した「それでいいよ 話進めて」って

足場設置1日・ソーラーパネル施工1日・足場撤去1日 太陽光発電Sの施工は実質1日で終了した
8/1 電力会社のチェック後 太陽光発電システムはこの日をもって正式に我が家に引き渡された

<屋根の葺き替え工事>               <ソーラーパネルが上がって>
屋根1    屋根2

<太陽光発電システムの提案書の抜粋>
CCI20130822_00001.jpg    CCI20130822_00002.jpg

CCI20130822_00003.jpg    DSC_0930.jpg

先日市役所の職員がやって来て 太陽光発電システムの稼働状況を写真に収めていった
その職員は「この業者さん喜多方は初めてかなぁ・・・」「良心的な金額ですね・・・」と言っていた

私は人が言うように複数の見積もりを取ったりしない この人と決めたらとことん信用する
市役所職員の口から「良心的・・・」という言葉を聞いて 何となく嬉しい気持ちになった

太陽光発電システムという買い物を通じて
元受会社の伊藤忠ネクストホームライフ東北さんと 10年という長い付き合いが始まった

相伴しろよ 

2013.08.16

61回目の誕生日は女房に ランチで祝って貰った
夜はいつもの通り独り酒 「ちょっと待てよ・・・ 今日は誕生日だぜぇ」

仏壇に向かった言った「親父ぃ 〇〇〇ぃ 相伴しろよなぁ」
ビールを1本飲んで常飲酒に手を掛けたが 別の酒に手を移した

それは息子の土産の秋田県の酒「大吟醸 北秋田」

「親父ぃ 〇〇〇ぃ 俺の息子の土産の酒だぁ 文句言わねで飲めよなぁ」
「親父は流文焼きのぐい吞み 〇〇〇は川崎在住からのマイグラス そんじいいよな」

「俺は切り子のショットグラスで貰うべぇ」
線香焚きながら仏壇に向かって言った「61まで生ぎっつまったぁ」 (感謝の意味)

IMGP1527.jpg

61回目の誕生日はランチで 

2013.08.16

朝8:30 通所介護サービス(デイサービス)の迎えの車が入ってきた
母は車いすに乗せられ リフトで車の中に吸い込まれていった

妻: 「ねぇ お昼外に出ないっ 誕生日だべぇ私おごるから・・・」
私: 「そうだなおふくろ居ないし 外に出るか・・・」

結婚して 誕生日のお祝いに外食に誘われたのは恐らくこれが初めてのこと
今まではいろんな事情が重なって 二人だけでお昼なんてことは考えられなかった

女房の勧めで 新しくオープンした回転ずしへとハンドルを切った
しか~し 順番待ちで並んでいる人数十人 「やめやめ やめだぁ 並んでまで食わねっていい」

特段に食べたいものが有る訳ではないが 折角の誘いを邪険にすることもないと思い
まるやまはなじょだぁ」と新たな行き先を提案してみた

「そうだなぁ 無難に何でもあるしなぁ そごさ行くべぁ」
そんなこんなで私の61回目の誕生日は 喜多方の食堂のランチで女房に祝って貰った

<私が食べたのはミニネギおろしカツ&上寿司>
DSC_0915.jpg

<女房は花かごまるちゃんミニ海鮮ちらし&ざるそば>
DSC_0916.jpg

ドライプレミアム 

2013.08.12

昨日次男坊が帰ってきた 今日長男が帰ってきた
皆13日のお墓参りに間に合うようにと それぞれの都合で帰ってきた

そして夕飯前 「我が家の男性陣が全て揃ったんだぁ 飲むがぁ・・・」
先ずクリーミー生サーバーをテーブルに出し そしてドライプレミアムを持ってきた

「えっ プレモルじゃないの? 何っこのビール・・・」
「ドライプレミアムだぁ」「お父さんも飲んだごどねえだぁ 味見してみんべぇ」

男三人 つまみ無しでビールの栓を抜いた
注ぎ役は次男 一日早く帰って来てビールサーバーの扱いはお手の物だから

DSC_0899.jpg

DSC_0900.jpg

孫の誕生日 

我が娘が結婚したのは東北地方太平洋沖地震が起こった翌月
破壊された仙台市内での新婚生活 それでも一喜一憂しながら頑張った 

そして一年数ヶ月後の八月 娘は里帰り出産をした 初孫だ
その孫が 満一歳になった

誕生日のお祝いに女房はプールを贈った
私は絵本セットを

誕生日の当日娘から電話があった

「プール大き過ぎるから使うの来年にする」「小さなプールを買って水遊びさせるから」
「そう おばあちゃんに伝えて」って

プール

私が贈った絵本セットは
二十数年前 娘に買って与えた絵本と全く同じ絵本だ
うさこちゃん

誕生日の日
娘は孫の写真を送ってきた

       _2698.jpg        _2723.jpg

お墓掃除 

2013.08.10

「今日も暑くなる」とテレビで言っていた
暑くならないうちにお墓掃除を済ませてこようと思った

軽トラに草刈機とバケツ そしてほうきと雑巾を積んでエンジンを掛けた
「おっと 忘れ物」 軽トラのエンジンをかけっぱなしでカメラを取りに家に戻った

先週 ブロとものエンピロさんが「ひとめぼれ出穂」を記事にしていた
私も「出穂」の写真を撮って見ようと思っていた 我が地区は他より遅いから丁度いいと思った

お墓へは田んぼ道を経由し ゆっくり走った
田んぼの畦畔には昼顔が群生していた 出穂した田んぼは遠目にも分かった

小さなカメラで写真を数枚撮り お墓掃除を済ませ早々に帰宅した

昼顔の群生
IMGP1516.jpg

出穂:おそらく「ひとめぼれ」だろう
IMGP1517.jpg

IMGP1522.jpg

まだ出穂しない田んぼ おそらく「コシヒカリ」だろう
IMGP1524.jpg

隣のお墓はきれいに掃除されていた
IMGP1521.jpg

| HOME |

calendar

S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
07« 2013/08 »09

プロフィール

かねちょ(yuki)

Author:かねちょ(yuki)
マイブログへようこそ!
先祖代々繋いできた農業 200​9年1月離農

そして今 辰年生まれの年金暮らし・・・ 

日常の生活の一部を切り取り 日記風に不定期に書き込んでいます

サブブログ「思いつきの切り取り」も宜しく

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


神戸だより 改め 松戸だより

青い鳥はここにいたよ!!

LEVEL1 FX-BLOG

季節のたより ~八ヶ岳南麓・農の里~

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

PageTop▲