笑ってはいけない

2015.03.11 東日本大震災から4年

四年前の今日 大学三年と一年の息子は一緒に車で帰って来た
当初の予定では 暗くなる前に帰省する予定だった

翌日の父の三回忌法要の準備が 思うように捗らなかった
息子たちに電話した 「ちいと早ぐ帰ってきて手伝わねがぁ」

息子たちは揃って帰って来た 昼食を取らないで帰って来たようだ
二人はコタツに入り一休み そしてカップ麺にお湯を注いだ

そのカップ麺に箸をつけようとした時 天地はひっくりかえった

三月十一日

この日は
笑いたいことがあっても
笑ってはいけない

・・・・


ブロ友の 詩人”詩の眉間”さんの詩
『三月十一日』 の冒頭の一節である

未だ戻らぬ方々がいるという 
私も今日は笑わないでいよう

供養の線香とお酒を供え手を合わせよう
今の私にできる唯一の 鎮魂のあらわし方で

関連記事
スポンサーサイト

コメント

エンピロ #-

忘れぬ日

この日は誰も忘れることができませんね。私も軽く黙とうを捧げ、1日を雪片付けで過ごしたようなものです。風化させることなく早い復興を祈るばかりです。

はい、私も鎮魂のお酒をいただきました。

2015年03月13日(金) 08時18分 | URL | 編集

かねちょ(yuki) #-

Re: 忘れぬ日

エンピロ 様

> この日は誰も忘れることができませんね。
忘れられないですねぇ

> はい、私も鎮魂のお酒をいただきました。
私にできるのはこれしかありません

2015年03月13日(金) 12時50分 | URL | 編集

メイの家 #-

この日は少なくとも東日本に住む人にとっては、忘れられない日ですね。
私も職場で黙とうしました。
復興はまだまだ先のようですが、少しでも早く元のようになって欲しいと願っています。

2015年03月14日(土) 16時31分 | URL | 編集

かねちょ(yuki) #-

Re: タイトルなし

メイの家 様

> 復興はまだまだ先のようです・・・
そうなんですよねぇ
同じ県にいても会津ではそも実態がよく見えてきません
最近その地域の方々とブロともになり 
実態が見えてきました

2015年03月14日(土) 18時22分 | URL | 編集


トラックバック

↑