勝山

2015.03.14

今日は父の命日だが 母は入院中で女房は日帰り旅行で不在
先日女房と二人で細やかに父の七回忌法要を営んだが・・・

暮れに 娘の嫁ぎ先のお父さんから頂いた清酒 飲まずに取っておいた
その酒 今日の命日に封を開いて父に供えようと そしてお下がりを頂こうと思っていた

「おやじぃ おやじには合わねなぁ高級酒は でも飲んでみっせ うめえがら」 
「一杯だけでいいぞ 後は安酒でいい ・・・」 そんな声が聞こえてきそうだ

初めて口にする酒 『勝山』 美味い! 確かに美味い
でも私も父と同じだ いい酒はコップいっぱいでいい

酔っぱらうだけの酒なら 安酒でいい
「何言ってんのぉ いい酒だがらもったいねえだけだべぇ」 って誰かがいいそうだ

悲しからずや無言で認める私 
でも 比較して飲めるような生活ができるようになったと 喜んでいいのか

「おやじぃ 喜んでいいのがぁ・・・」
父は応えなかった 代わりに線香の香りが 「ツン」と鼻を突いた

PICT_20150314_111518_20150314195133bde.jpg

関連記事
スポンサーサイト

コメント

エンピロ #-

命日

ホワイトデーがお父さんの命日でしたか。その12日後におふくろが亡くなったんだなあ。時同じくして親を失っていたんですね。

お父さんもお酒が好きでいらっしゃったんですね。高級酒は好まなかったでしょう。安くてなじんだうまい酒が1番だったでしょう。

勝山はまだ口にしたことがないです。大吟醸ともなると、どの銘柄も値が張ります。高級酒は普段飲むというよりは、盆や正月に来客用としてに準備するのが多いです。喜んでもらえるのが1番です。

2015年03月15日(日) 09時36分 | URL | 編集

かねちょ(yuki) #-

Re: 命日

エンピロ 様

> 時同じくして親を失っていたんですね。
そうでしたねぇ
月日のたつのは早いといいますが その通りですねぇ

> お父さんもお酒が好きでいらっしゃったんですね。
好きでしたねぇ 酒を飲んでいる時の父は嫌いでした
誰とでも喧嘩していましたから(-_-;)

2015年03月15日(日) 10時31分 | URL | 編集

メイの家 #-

山田錦の純米大吟醸、値段が高いのはあたりまえ、そして旨いのは言うまでも無し、のシロモノですね。

高級品はやはり「たまに」の方がいいですね。
毎回となると感激が無くなりますし、旨さが分からなくなりますから。

2015年03月21日(土) 19時16分 | URL | 編集

かねちょ(yuki) #-

Re: タイトルなし

メイの家 様


> 高級品はやはり「たまに」の方がいいですね。
ほんとに美味いといえるお酒です
仰る通り いい酒はたまに少し頂くのがいいです
我が人生を振り返って見て自分に言い聞かせました
分相応の生活を維持しろって

2015年03月22日(日) 11時15分 | URL | 編集


トラックバック

↑