掘り払い

2015.05.10

朝五時 掘り払い はじめ小雨がちらついたがまずまずの天気
わが集落の 堰上げ前に必ず行う恒例行事だ

何のために共同で行う堀払いなのか 用水の滞りない流れを維持するためである
この用水は農業用水であり生活用水でもある そして大事な防火用水でもあるからだ

我が父や母の時代の掘り払いは重労働だったと聞いているが
今日の掘り払いは当時から比べれば遥かに楽になった 一寸したゴミや土砂を取り除くだけだから

DSC_2735.jpg

DSC_2730.jpg

DSC_2734.jpg

DSC_2736.jpg

DSC_2740.jpg

関連記事
スポンサーサイト

コメント

エンピロ #-

掘り払い

お疲れ様でした。こちらでは「江払い」と呼んでいます。「えはれ」が正解でしょうか(笑)

昔の素掘りのころは泥を上げなくてはなりませんでした。今はU字コンクリート溝ですから楽です。スコップを使うのは分岐点の砂利さらいくらいですかね。

防火用水でもありますから、大切な作業だと思っています。

2015年05月12日(火) 06時57分 | URL | 編集

かねちょ(yuki) #-

Re: 掘り払い

エンピロ 様

> お疲れ様でした。
ありがとうございます

> 防火用水でもありますから、大切な作業だと思っています。
大切な作業だと思います
ですから非農家の方々にも出て貰っているようです

2015年05月12日(火) 11時25分 | URL | 編集

メイの家 #-

昔よりはらくになったとはいえ、お疲れ様でした。
小雨がばらつく程度の天気ですと、あまり暑くはならなかったと思いますので、かえってよかったのではないでしょうか。

両親がよくこのことを話していたのを思い出します。

2015年05月16日(土) 12時23分 | URL | 編集

かねちょ(yuki) #-

Re: タイトルなし

メイの家 様

> 両親がよくこのことを話していたのを思い出します。
確かに昔は大変な作業でした
でもそれをしないと米作りができませんからねぇ
今は本当に楽になりました

2015年05月18日(月) 13時18分 | URL | 編集


トラックバック

↑