お供え

昔大変お世話になった川崎市に住む恩人から 先日電話があった
「ねぇ もしかしてお母さん? 喪中としか書いてなかったから ・・・ 」

恩人は心配して電話をくれた 「あぁ 気遣って貰っている」 涙が出るほど嬉しかった
そして昨日 その方から郵便小包が届いた

早速開けてみた ご仏前と書いてあった それは木箱入りのお線香だった
先ずは仏様にお供えし そしてそのお線香を香炉に立てた

「○○さんからのお供えだよ いい香りすんべっ そっちまで届いていんべ」 と母に語った
それから弟にも語った 「お前の親友からのお供え物だぁ いい匂いだべっ」

DSC_0461-s-s.jpg

DSC_0462-s_201511241809230c8.jpg

DSC_0463-s_20151124180924406.jpg

関連記事
スポンサーサイト

コメント

エンピロ #-

ご仏前

弟さんの友人からご仏前が送られてきたのですか。相当親しくしていらした方なんでしょうね。喪中欠礼のハガキは亡くなった方の名前が書いていないと、先方は誰が亡くなったのだろうと気になりますが、なかなか差出人には聞き辛いものです。納骨を済ませていることを確認し、「ご仏前」として送られたのでしょうね。

心のこもった高級な線香を立ててもらい、お母さんも弟さんも喜んでいらっしゃることだと思います。

2015年11月25日(水) 22時05分 | URL | 編集

Shige Haru #-

お線香

心の籠ったお悔やみですね。
「喪中欠礼の葉書をもらった時にはお線香を!」と、TVのCMでやってましたが、いくらいただいてもお線香は重宝です。
桐の箱入りのお線香、きっと天国まで届いたことでしょう。

2015年11月25日(水) 23時37分 | URL | 編集

かねちょ(yuki) #-

Re: ご仏前

エンピロ 様

> 納骨を済ませていることを確認し、「ご仏前」として送られたのでしょうね。
喪状を受け取ると直ぐ私のブログを確認したようです
お葬式の文字は見つけることはできなかったが 35日とか49日の言葉を見つけ電話を寄越したようです

> 心のこもった高級な線香を立ててもらい、お母さんも弟さんも喜んで・・・
きっと喜んでくれていると思います

2015年11月26日(木) 18時39分 | URL | 編集

かねちょ(yuki) #-

Re: お線香

Shige Haru 様

> 心の籠ったお悔やみですね。
思わず涙がこみ上げてきました

> 桐の箱入りのお線香、きっと天国まで届いたことでしょう。
はい きっと届いていると思います
いや 届いています

2015年11月26日(木) 18時42分 | URL | 編集

メイの家 #-

私のところにも、このところ毎日喪中はがきがきます。
両親のうちどちらかが亡くなったというのが多いのですが、中には本人が亡くなったというのもあります。
そういう年代になってきたということなんでしょうね。

2015年11月28日(土) 14時27分 | URL | 編集

かねちょ(yuki) #-

Re: タイトルなし

メイの家 様

> そういう年代になってきたということなんでしょうね。
仰る通りですよねぇ
喪中状が我が家にも複数枚届いています

2015年11月29日(日) 17時29分 | URL | 編集


トラックバック

↑