雪の無い『小寒』

今日は『小寒』 カレンダーにそう書いてあった
因みに明日は『七草』 やはりカレンダーに記されていた

『小寒』とは 冬至 と大寒の中間でいわゆる 『寒の入り』 のこと
寒さが厳しくなり これからが本当の冬本番を迎える

なのに 会津の里には雪がない 暖冬という予報が当たっているのか
里に雪が無いのは悪くはないが このまま穏やかな冬で終わるはずはない

と思うのだが ・・・
願わくは 穏やかな冬であってほしい

<1月のカレンダー>
IMGP2738-s.jpg

<小寒を迎えた会津盆地>
DJI_20160106 (1)-s



関連記事
スポンサーサイト

コメント

エンピロ #-

小寒

これほど雪のない年は珍しいです。昨年の6日頃は地吹雪が起きていましたから。

雪を必要としているスキー場などにいっぱい降って欲しいですね。これではスキー場関連産業の経済が回りません。

道路に雪がなくドライバーにとってはうれしいですw 3月ころのドカ雪だけは勘弁願いたいです。

2016年01月08日(金) 06時47分 | URL | 編集

かねちょ(yuki) #-

Re: 小寒

エンピロ 様

私は嬉しいのですが スキー場は大弱りのようですねぇ
三ノ倉スキー場の「雪乞い」 ニュースでやっていました
仰る通り春のどか雪は勘弁してもらいたいです

2016年01月08日(金) 12時47分 | URL | 編集

メイの家 #-

雪のない会津の正月というのも物足りないような感じがします。
ただ、このままでは終わらないでしょうね。
このまま終わったら、大変な水不足になりかねないです。

2016年01月10日(日) 20時08分 | URL | 編集

かねちょ(yuki) #-

Re: タイトルなし

メイの家 様

> ただ、このままでは終わらないでしょうね。
> このまま終わったら、大変な水不足になりかねないです。
そうなんですよ 皆が心配しているのがそこなんです
春の大雪が怖いです


2016年01月11日(月) 17時46分 | URL | 編集


トラックバック

↑