お中日

2016.03.20 春分

今日はお中日 太陽が真東から昇り真西に沈む日
昼と夜の長さが同じ日 昔からそう言われてきた

仏様には朝昼晩とお膳の上げ下げをする 亡き母はそうして来た
女房もそれを引き継ぎ 三度の上げ下げを忠実に行っていた

<春分の日・国民の休日 だから私は国旗を掲揚した>
PICT_20160320_071306-s.jpg

<朝の仏様のお膳 そしてこづゆ
PICT_20160320_071521-s.jpg

PICT_20160320_121053-s.jpg

PICT_20160320_071411-s.jpg     PICT_20160320_071347-s.jpg

<お膳を下げて お茶を上げた そして天ぷらも>
PICT_20160320_115414-s.jpg

<お昼の仏様は乾麺蕎麦 だから私達も蕎麦>
DSC_0020-s_20160320171536ef2.jpg

PICT_20160320_120106-s.jpg

<夜の仏様お膳>
何でお稲りさん? へへっ ごはんいっぱい余っちゃったから ・・・ 
DSC_0025-s_2016032018461004e.jpg

<夕食は銀鱈とアサリのワイン蒸し>
DSC_0027-s.jpg

関連記事
スポンサーサイト

コメント

エンピロ #-

お中日

お中日は3度お膳の上げ下げを行うのですか!?こちらは1回かなあ。彼岸入りのひじきの煮物に始まり、お中日の天ぷら、赤飯など、毎日が彼岸料理尽くしですw

こづゆも作られたのですね。女房は娘が帰省している間に1回は作りたいと話していましたw

2016年03月20日(日) 22時40分 | URL | 編集

かねちょ(yuki) #-

Re: お中日

エンピロ 様

> お中日は3度お膳の上げ下げを行うのですか!?
我が家では朝昼晩と上げていました
母が他界して二人きりになったらどうするんだろうと思っていました
でも女房はしっかりと受け継いでいました

2016年03月21日(月) 08時46分 | URL | 編集

メイの家 #-

日が長くなりましたね。
気持ちが浮き立つこの頃ですが、花粉症で憂鬱なこの頃です。
お彼岸に実家に帰りましたが、父の入院も憂鬱の種です。
しょうがないですね。
時がたつのを待ちます。

2016年03月21日(月) 15時34分 | URL | 編集

かねちょ(yuki) #-

Re: タイトルなし

メイの家 様

> お彼岸に実家に帰りましたが、父の入院も憂鬱の種です。
それは心配なことでしょう
お察しいたします

2016年03月21日(月) 18時06分 | URL | 編集

Shige Haru #-

春分

お彼岸ともなると大変な行事ですね。
これらに加え、墓参りもあるのでしょう。
拙宅では、後者のみで、あとは生きている者だけでおはぎを頂くだけ。

2016年03月21日(月) 23時05分 | URL | 編集

かねちょ(yuki) #-

Re: 春分

Shige Haru 様

> お彼岸ともなると大変な行事ですね。
大変と言いますか 仕方ないと言いますか・・・
昔から当たり前のようにやってきています
女房の役割も大きいです 

2016年03月22日(火) 12時44分 | URL | 編集


トラックバック

↑