十三夜 

2016.10.13 木曜日 十三夜 旧暦9/13

妻 : 「ねぇ 明日どうすんの? 何も買ってきてないけど」
私 : 「いいよいいよ どっちみち明日喜多方に行くから そん時何か買ってくるよ」

二三用足しを済ませると、その足で私はスーパーに向かった。
ススキは既に取ってあるし、目的は団子(似せた和菓子)と冷凍枝豆を調達するために。

簡単な、ほんとに簡単な『名月』を見るためのお供えを準備した。
芋はないが枝豆を準備した。冷凍枝豆をチンして月見団子の脇に添えた。

縁側の戸を開けお月様を見上げる。それもつかの間。
侵入する冷気に、信心の無さを暴露し戸を閉めた。

そして間もなく女房が帰って来た。「あらっ ちゃんとお供えできてんじゃねっ」
私 : 「んっ ああっ もうそのお供え下げろ」「酒のつまみにするから」

<十三夜のお供え>
IMGP6135-s.jpg

<栗・豆名月>
IMGP6106-s.jpg

<お供は晩酌の追加つまみに>
IMGP6137-s.jpg

スポンサーサイト
| HOME | グァテマラのコーヒー

COMMENT

十三夜
13日がちょうど十三夜だということは知っていましたが、十五夜同様我が家では何もありません。

伝統を守るかねちょさんには頭が下がります。ツマミになるものを供えるのがいいですねw 空になったビールの缶は横にするのは習慣ですか?(笑)
2016/10/14(金) 00:36:28 | URL | エンピロ #- [Edit]
Re: 十三夜
エンピロ 様

> 十五夜同様我が家では何もありません。
母がずっと続けてきた行事ですから 私もやれる範囲で続けたいと思います

> 空になったビールの缶は横にするのは習慣ですか?(笑)
習慣ではありませんが この時はたまたまです (^.^)
2016/10/14(金) 12:36:42 | URL | かねちょ(yuki) #- [Edit]
十三夜ですか。
縁側もない家に住み、月を見るには近所の公園にでも行かないとダメです。
酔って帰り、空を見上げることもないような生活、ちょっと考え直さないといけませんね。(笑)

十三夜のお供え、素晴らしいことだと思います。

2016/10/15(土) 18:34:23 | URL | メイの家 #- [Edit]
Re: タイトルなし
メイの家 様

> 縁側もない家に住み、・・・
昔 我が家の縁側は板戸の障子でした
寒いけど 戸を開けないとお月様は見れなかった

> 十三夜のお供え、素晴らしいことだと思います。
ありがとうございます
そう言って頂けると嬉しいです
でも母は天国で 手抜きに嘆いているでしょう
2016/10/15(土) 21:28:03 | URL | かねちょ(yuki) #- [Edit]

COMMENT FORM


TO SECRET
 

TRACKBACK URL to this Entry

TRACKBACK to this Entry

| HOME |

calendar

S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
05« 2017/06 »07

プロフィール

かねちょ(yuki)

Author:かねちょ(yuki)
マイブログへようこそ!
先祖代々繋いできた農業 200​9年1月離農

そして今 辰年生まれの年金暮らし・・・ 

日常の生活の一部を切り取り 日記風に不定期に書き込んでいます

サブブログ「思いつきの切り取り」も宜しく

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


神戸だより 改め 松戸だより

青い鳥はここにいたよ!!

LEVEL1 FX-BLOG

季節のたより ~八ヶ岳南麓・農の里~

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

PageTop▲