決心

280年間百姓で生計を立ててきた我が家

その主な収入源は野菜作りと稲作であった

貧農の長男に生まれ 跡取りだからと育てられた

何の疑問を持たずに農業高校へ そして農業

農地が少ないため 篤農家として生きようと夢見たが

資金が続かず程なく挫折 

生計を維持するため日雇い人足で収入不足を補った

このままでは将来はないと思い 負担の大きい出荷野菜をやめ

もっと高収入はないかと職を転々

ある日 新聞の折込広告にあった求人に応じ 定職とした

それ以来30数年 二束のわらじを履き家計を支えてきたが

近年 体力と気力の衰えからか二束のわらじが辛くなった

将来を案じないわけではないが 贅沢さえしなければと

安易な考えも手伝い 農から離れようと決心を固めた

そして今年 稲作を全面的に委託することにした

280年間の農の歴史に終止符を打つのである

親が元気なうちは 間違っても言い出せない内容であったが・・・

今や父も母も年老い 寂しい顔をしただけで何も云わなかった

ただ母の楽しみの野菜作りだけは今まで通り残すことにした 

2009年 平成21年1月 我が家の新しい歴史の始まりである


関連記事
スポンサーサイト

コメント

メイの家 #-

心中お察しいたします。

世の中は変化していきますし、人も老いて行きます。
不変というのは、無いのでしょう。

終わりは始まりでもありますね。

2009年01月10日(土) 16時42分 | URL | 編集

かねちょ #-

メイの家 様

コメントの通りです

終わりは次の始まりになります

2009年01月10日(土) 17時21分 | URL | 編集


トラックバック

↑