お葬式手伝い

2010.06.08

6/5夕方 村人の死を知らせる使いが家へ来た
服装を改め 母と共に当家へ顔出しに行った
本来ならば妻と行くのだが 妻は会社の旅行のため不在 仕方なく母の出番となった

早速私と母は当家を訪れ 仏さんに線香を立て手を合わせた 
母は仏さんの「顔隠し」を取り 「安らいだ顔してっこど・・・」とひと言つぶやいた
仏さんは 母と同い年の84歳

お茶を一杯すすると 葬式手伝いの説明が「一家代」よりあった
告別式は6/7 12:30 まごころ斎苑会津いいで
我が家の手伝いは昔からの取り決めの通り 葬式当日1名のみ

手伝い内容は受付 中でも香奠帳を付けて貰いたいとのこと
筆字に自信は無いが 指名されたからには引き受けるしかない

6/7葬式
仏さまと一緒に斎場に行った
我々は早速会場の職員と打ち合わせをし 弔問客を迎える準備をした

12:30 告別式が始まった
あの忙しかった受付けは一気に余裕を見せた
だが 香奠帳を付け香奠をまとめるのはこれからが本番

その香奠帳の記入は 優秀な近い親戚の方が2名 力量を発揮した
お陰さまで私は筆をとる必要が無くなった 代わりに香奠の確認に専念した

集計はやはり村親戚の農協職員が担当 手際良く処理する様は鮮やかだ  
あっと云う間に香奠帳の集計と 現金の集計を済ませた
現金は即座に農協口座に入れると云う

2:45 金融担当の農協職員が鞄を持ってやって来た
3:00まで入金しますからと 職員は預かり証を置いて帰って行った

現金の管理の必要はなくなり 滞りなく受付のお手伝いは終了した

MA321732.jpg       MA321737.jpg
黙々と記帳しています           金額の計算をしています

MA321735.jpg       MA3217388.jpg
最終確認は機械を使って・・・       農協職員が現金受け取り 確認

MA3217399.jpg
役目を滞りなく終えた受付手伝いの方々 暫し休息

関連記事
スポンサーサイト

コメント

エンピロ #-

葬式

葬式手伝いお疲れ様でした。それでも当日1日だけでよかったですね。

JAが集金に来て口座に振り込むのは画期的です。現金の管理が容易でなく、喪主も受け取ったのはいいのですが、心配しどうしですよね。

葬儀場に紙幣を数える機械が置いてあるとは、最先端を行っていますね。これだと間違いないですね。こちらの葬儀場では見たことがありません。

2010年06月09日(水) 20時46分 | URL | 編集

かねちょ #-

Re: 葬式

エンピロ 様

機械は良いですね 間違いなく数えてくれます
ここの機械は 紙幣の識別はできませんが 100枚単位であっと云う間に数えます

2010年06月10日(木) 14時55分 | URL | 編集

メイの家 #-

農協職員が現金を集計し、即座に農協口座に入れる、言葉が適切ではないとは思いますが、これはひとつのビジネスですねぇ。

私も何度も葬儀の手伝いをしましたが、金を数える機械があったところはありません。すごい!

2010年06月12日(土) 14時40分 | URL | 編集

かねちょ #-

Re: タイトルなし

メイの家 様

> 金を数える機械があったところはありません。すごい!

この斎場にあるのは分かっていましたが 使ったのは初めてでした
実際凄いです 100枚あっという間に数えます
音が小気味いいです (^.^)

2010年06月14日(月) 14時18分 | URL | 編集


トラックバック

↑