色紙

2010.09.21

「○○あんつぁの歌書いたから 彼岸入りだから これから持っていっから」
「ああ いいわい・・・」

母と叔母(母の妹)の短い電話での会話

まもなくして(電話から30分位経ったか)軽自動車が我が庭に入ってきた
枯れ葉マーク いや失礼 もみじマークのついた叔母の軽自動車だ

叔母は 父の短歌を色紙にしたため 額に入れて持ってきた
色紙を仏壇の脇に立て掛け 線香に火を点けながら云った

「生きているうちに書くべと思っていたけど 今になってしまった」
「生きていたなら云わっちゃべなっ 何だこの字は なんて・・・」

叔母が色紙にしたためた歌は 父が病気で気力を失い 
そしてまた気力が戻って やっと創ったうちの一首である

「歌を詠む気力戻りて我は今 喜び無限天に感謝す」

一夜明け

早速 叔母の書を飾った
古い農家の家屋 クモの巣とすすにまみれの ごちゃごちゃした壁ではあるが
仏壇の直ぐ脇に飾った 心持 父の遺影がほころんだ様に思えた

叔母さん ありがとう!!

歌2       歌1
      
関連記事
スポンサーサイト

コメント

イトヨ #-

天に感謝す。。いい短歌ですし綺麗な字ですね。
本当にお父様の喜んだと思います

2010年09月21日(火) 22時29分 | URL | 編集

かねちょ #-

Re: タイトルなし

イトヨ 様

> 本当にお父様の喜んだと思います
私も喜んでくれたと思っています
そして わざわざ書いて持ってきてくれた 80近くなる叔母に感謝です

2010年09月22日(水) 00時06分 | URL | 編集

smile #-

素晴らしい書ですね 詩のいい
お父様が本当に元気になった喜びと感謝が伝わってきました

2010年09月22日(水) 18時07分 | URL | 編集

かねちょ #-

Re: タイトルなし

smile 様

> 素晴らしい書ですね 
ありがとうございます 母の妹の書です
わざわざ自分で書いて持ってきてくれる ありがたいことです
お彼岸だたらと こじつけて持ってきてくれました

2010年09月22日(水) 18時13分 | URL | 編集

エンピロ #-

額入り色紙

この歌は前に拝見させていただいた記憶があります。何度見てもいい歌だと思います。すべてに感謝の念を忘れないお父さんの心がこもった素晴らしい歌です。

さらに叔母さんの達筆な書体が歌を際立たせています。もちろん「何だこの字は」などと言われるような字でありませんが、こちらまで気分が良くなります。

2010年09月22日(水) 18時40分 | URL | 編集

かねちょ #-

Re: 額入り色紙

エンピロ 様

> 何度見てもいい歌だと思います。
ありがとうございます

死んでもなお忘れないでいてくれる叔母に頭が下がります
早速壁につるしました 

2010年09月25日(土) 10時29分 | URL | 編集

メイの家 #-

字といい、内容といい、すばらしいです。
天に感謝、私もいつかはこのレベルまでに到達したいと思います。
今はまだ、この世に送り出し育ててくれた両親と、妻・子供達に感謝ぐらいのレベルです。

2010年10月03日(日) 11時17分 | URL | 編集

かねちょ #-

Re: タイトルなし

メイの家 様

> この世に送り出し育ててくれた両親と、妻・子供達に感謝ぐらいのレベルです。
私も同じです
そして我が家は 親戚縁者 世間様にお世話になったきました
感謝を忘れたらばちがあたります

2010年10月04日(月) 15時16分 | URL | 編集


トラックバック

↑