白から緑

一か月前 上司に呼ばれ定年の期日の通知を受けました
そして先日 二度目の呼び出しがありました

大方の予想はしていました 「いよいよ来たか・・・」と
小さな会議室に入ると プロジェクターが白いスクリーンを照らしていました

スクリーンに映し出されていたのは ピラミッド型の組織図でありました
上司は淡々と説明を始めました

「10月から新しい組織に変更します・・・」
「多少の人員の配置転換もあります・・・」
「まだ面談をしていない人もいます・・・」
「暫く内緒にしていてほしい・・・」

最後に一言 予想した言葉が発せられました
「○○さんは10/1から いちオペレーターとして定年まで頑張ってください」と

我が職場では帽子の色によって職種を区分しています
白は監督者若しくは間接業務者 緑はオペレーターと

私は今日 緑の帽子を被り淡々と一日を終えました
明日も明後日も 残すところ323日 この緑の帽子にお世話になります

今飲んでいるお酒の味 旨くもなくまずくもなくってとこでしょうか
いやっ 一日が終わったと言う安堵から 多少旨さを感じているのかもしれません

そう言えばかつて 降格後一か月足らずで退職していった諸先輩達がおられました
その時の気持ち 分からないわけではありませんが・・・ 

私は 気持ちの切り替えが上手くできたように思えます(覚悟と価値観の問題ですよねっ)
ほんと 後323日お世話になりますよ 緑の帽子さん

-想い出-
監督者になったのは40才 任を解かれ降格したのは昨日9/30
一時100名を監督していました(工場だからね)
監督職19年 長かったな~ 


関連記事
スポンサーサイト

コメント

メイの家 #-

それにしても、100人の監督とはすごい、大変な職務だったでしょうね。お疲れ様でした。
そして、もう少し頑張りましょう。

農家の方がうらやましいのは、引退後も、農業という仕事があることです。
仕事としてだけでなく、趣味として農にいそしむことも出来ますしね。


>覚悟と価値観の問題ですよねっ

そのとおりだと思います。
サラリーマンとして、私もこのような事態は常に覚悟しておりますし、このような状況になっても働き続けようと思っています。私の場合、他に収入を得るすべが無いので、ダメと言われるまで仕事を続けるしかないのです。それは、覚悟とは別のものかもしれませんが、しょうがない。(笑)

2011年10月02日(日) 16時18分 | URL | 編集

エンピロ #-

監督者

これだけ長期間監督者として会社に貢献されてきた方への辞令かと思うと、こちらまで悔しくなってきます。それで、辞められた先輩がいらしゃったのですね。

考え方ひとつだと思います。自分の意志と信念で最後まで勤めようとされるかねちょさんにエールを送ります。

2011年10月03日(月) 07時49分 | URL | 編集

かねちょ #-

Re: タイトルなし

メイの家 様

> 100人の監督・・・
> そして、もう少し頑張りましょう。
はい 頑張ります
景気の衰退と共に監督を任される人数も減ってきました
100から80 40 10と
解任時は四名の現場監督者でした
これでも現場監督としての在任期間は長い方なんでしょうねぇ
同年代はの監督者は誰もいませんから 皆若返りました

> >覚悟と価値観の問題ですよねっ
> そのとおりだと思います。
同調頂きありがとうございます
もともと私は会社的地位とか社会の中の地位とかには無頓着でしてね
拘りが無いんですよ そこに価値観はないんです (^.^)

2011年10月03日(月) 10時25分 | URL | 編集

かねちょ #-

Re: 監督者

エンピロ 様


> 考え方ひとつだと思います。自分の意志と信念で最後まで勤めようとされるかねちょさんにエールを送ります。
ありがとうございます
元々地位とか立場とかには頓着していませんから 
回りからいろんな言葉を掛けられ 答える言葉に苦労しています
逆に責任が無くなった分楽になりましたね
向いた方を向いて時間を過ごす 今まで動いていなかった脳が動き出したようで面白いです

2011年10月03日(月) 10時57分 | URL | 編集

TAKE #-

そうですか。。ときの流れって早いですね。。
私は今日本に来ています。今週金曜日10/7朝にまた、旅立つ予定です。

2011年10月05日(水) 12時41分 | URL | 編集

かねちょ #-

Re: タイトルなし

TAKE 様

日本にいるんですか・・・
このコメント見る機会が無いかもしれませんねぇ
某国では相変わらずこのfc2ブログにはアクセスできないんでしょ?

2011年10月05日(水) 22時05分 | URL | 編集


トラックバック

↑